クリームタイプと泡タイプのヘアカラーの違いについて

市販のヘアカラーには、昔からあるクリームタイプと、人気の泡タイプがあります。

それぞれには異なる特徴があるために、ヘアカラーをするときに参考にしてください。

クリームタイプは、1液と2液を混ぜて染料を作ります。

しっかり薬剤が混ざるために綺麗に色を定着させる効果があります。

しかし液が垂れることがあるので、初心者には多少難しいと感じることもあるでしょう。

部分的に染めたい白髪染め場合にはとても効果的に使うことが出来ます。

泡タイプのへカラーは、とても人気がありますが、そのメリットは、泡が平均して髪全体につくために、ムラができずに染めることが出来る点です。

初めて自分でヘアカラーをするときにはオススメです。

染料をつけている間も、クリームタイプと異なり、液が垂れる心配もありません。

泡は直接髪につけずに、一度手の平にのせてから髪につけると、まんべんなくつけることが出来ます。

 

クリームと泡、それぞれの使い分け方法

 

しかしクリームタイプより、泡タイプの方が髪へのダメージが多いとも指摘されています。

使いやすさやその目的によっても、クリームと泡を使い分けるといいですね。

どちらの場合も綺麗に染めるためには、それぞれの商品の説明書を読んで、放置時間をしっかり守りましょう。

そして泡もクリームも、染料を混ぜる作業があります。

このときに上手に薬剤をあわせることも、混合液の効果を生かすコツになります。

泡のタイプはあまり混ぜすぎると、効果が悪くなることもありますのでご注意くださいね。

 

 

カラーリング剤の頭皮に対する注意点

髪を染めることはごく一般的になりました。

20代の女性では、約8割の人が髪を染めているといわれています。

美容院でもカットやパーマよりもヘアカラーをする人の方が増えています。

そのヘアカラーですが、簡単に購入が出来る市販の商品を使って、自分で髪を染める人も増えています。

とても手軽で、しかも美容院に比べると金銭的に安く出来ることがメリットです。

しかしヘアカラーをすることは、髪や地肌を痛めるだけでなく、アレルギー症状を起こす場合もあります。

科学物質に触れてアレルギーを起こす接触性皮膚炎
皮膚に直接刺激となるものが触れる事で起こるのですが、今や女性だけでなく男性さえも気軽にパーマやヘアカラーを楽しむ時代です。皮膚に直接パーマ液などの薬が触れたり、頭皮に触れた刺激物が赤く炎症を起こし腫れてしまいます。また、かゆみを伴う事もあります。

参照:頭皮のかゆみを起こす5つの原因と自分でできる対策

このように元々肌質が敏感な方は薬剤が含まれる物を使うときは注意が必要です。

そのため、各商品の説明書は必ず目を通すようにしましょう。

いつも同じ商品を使っていても、そのときの体調により、体がアレルギー反応を起こすこともあります。

 

カラーリングで髪に異常を感じたら?

 

髪を染めている間に、強い刺激や痛みを頭皮に感じるときには、すぐに使用を中止することが必要です。

カラーリング剤には、環境ホルモンが含まれているために、妊娠中の方は特に注意が必要になります。

胎児に影響が出てしまうこともあるために、妊娠中のヘアカラーはあまりオススメではありません。

そしてヘアカラーが原因で不妊となるケースもありますので、女性の方は特に注意が必要になります。

ヘアカラーはファッションの一部として、色々なカラーリングを楽しむ方が男女ともに増えています。

しかし簡単に出来る反面、デメリットもありますので、注意点をよく確認してから行うことが必要ですね。

髪のダメージを防ぐためにも、頭皮マッサージなども行うことで頭皮の健康を守るコツになります。

 

 

 

 

 

ヘアマニキュアの特徴、ヘアカラーとの違い

ヘアカラーは、髪を脱色して染める働きがありますので、しっかり色をつけたい、髪の色を明るくしたい、という方にはオススメです。

しかし染料となる薬剤には髪や頭皮に与える刺激が強く、頻繁にカラーリングをすることはオススメではありません。

髪が伸びてくると、根元の部分と色が異なります。

それを隠すためにリタッチなど、なるべく全体に刺激を与えないようにカラーをする方法もあります。

ヘアマニキュアは、ヘアカラーと異なり、髪の表面をコーディングするものです。

キューティクルのダメージを回復するためにも使える、艶出し効果もあります。

ヘアカラーは色の持続が2ヶ月ほどはありますが、ヘアマニキュアの場合は、3週間ほどで色落ちをしてしまいます。

毎回シャンプーをするたびに、色が薄くなってしまいます。

しかし髪へのダメージがないために、髪のケアをしながら艶出しをするためにはとても効果があります。

ヘアカラーのように髪の色を明るくする効果はありませんが、ブリーチをした髪に、ヘアマニキュアを使ってケアをする方法もありますね。

どちらが良いのか、それは目的によって使い分けることが大切です。

好みの色にしっかり変えたい時にはヘアカラー、ダメージのある髪にはヘアマニキュアが良いでしょう。

白髪染めの目的がある場合は、ヘアマニキュアよりもヘアカラーの方が効果があります。

髪は本来の美しさも保つことが必要です。

交互に使うなど、髪の負担を減らす事も必要ですね。

 

 

 

 

 

カラーリング染料の注意を知っておこう

ヘアカラーをしてもすぐに色が落ちてしまう、なんて事がよくありますよね。

せっかく染めた綺麗な色を長持ちさせるためにも、ヘアカラーで染めた後のヘアケアがとても重要になります。

ヘアカラーはキューティクルを開いて、染料を髪の中に浸透させて染色させるものです。

染料が髪の中に浸透しても、キューティクルが開いた状態では色落ちしてしまう原因になります。

そのために、カラーリングした当日はシャンプーをしないで、色が浸透するまで放置することが必要です。

染めてから最低でも24時間はシャンプーしないほうがいいでしょう。

シャンプーをする際ですが、染料が髪をアルカリ性にするために、酸性に戻すことが必要です。

酸性、もしくは弱酸性のシャンプーを使うことで、キューティクルを引き締め、色を長持ちさせるコツになるのです。

カラーリングした髪専用の弱酸性シャンプーには、髪のダメージを改善する効果や、色持ちをする作用があります。

特にカラーリング直後は専用のシャンプーを使うことをオススメします。

 

紫外線対策も忘れずに

 

そして注意が必要になるのが、紫外線です。

紫外線には、ヘアカラーの成分を分解する働きがあるために、色落ちの原因となります。

外出する際には、帽子をかぶるなど紫外線対策が必要ですね。

そしてシャンプー後にはドライヤーで髪を乾かすことが必要です。

髪が濡れていると痛み原因になります。

髪が痛んでいると色が長持ちしない理由になりますので、毎日のヘアケアが色を長持ちするコツになります。

 

 

 

 

 

白髪染めを綺麗に仕上げる簡単テクニック

白髪染めは、仕上がりがとても気になりますよね。

ヘアカラーの場合は、白髪のカバー力がとても高いので、白髪の量が多いときにはオススメです。

髪が伸びるたびに白髪染めをするために、ダメージを減らすためにもリタッチで、髪の根元だけを染める方法もあります。

白髪を綺麗に染めるコツは、まず自分の白髪のあるところを把握しておくことです。

ヘアカラーをつけるのは、まず白髪の多い部分から始めましょう。

そして手でつけるタイプのヘアカラーでも、ブラシやコームを使うことで、染料を平均的に髪につけることが出来ます。

ムラにならないためには、一番効果的な方法です。

ヘアカラーの種類ごとに染料の放置時間が異なります。

白髪の量が多い場合や、染まりにくい髪の場合には、時間を少し長めにすると良いですね。

始めは前髪から始め、その後サイド、後頭部へと染料をつけて着ましょう。

放置時間は長すぎると髪や頭皮にも負担となりますので、それぞれの説明書どおりに時間を計ってください。

 

白髪染めにも色の違いがある

 

そして白髪染めは、色を選ぶときにもポイントがあります。

白髪は暗めの色の方が染まりやすいために、ライト系の色味では、白髪のカバー力も少なく、すぐに目だってしまいます。

一番効果があるのは、黒色を使うことですが、多少明るめのダークブラウンなども白髪にはオススメです。

髪のダメージが激しいときにはオーガニック成分のヘアカラーや、カラーリンスなども、頭皮にも刺激が少ないので安心ですね。

 

 

 

 

失敗しない、基本的な髪のブロッキングのやり方

綺麗に染めるためには、始めに髪をいくつかに分けるブロッキングが必要になります。

細かく分けることで、全体的にカラーリングもやり安くなりますので、まずは5つにブロッキングしましょう。

まずは髪を頭頂部で真ん中から2つに分けます。

ヘアクリップを使うと髪を止めやすいですね。

次は耳の上で前後に分けます。

後頭部はそのままで大丈夫です。

綺麗に髪を全体的に染めるためには、始めのブロッキングが必要です。

そのままでは染まりにくい部位がありますので、特に耳の後ろの分などは、ブロッキングをしておくほうが、カラーリングがしやすいですね。

初めての場合には、ブロッキングも簡単に上下に2つわけるだけも効果的です。

髪が短い場合には、ブロッキングをしなくても大丈夫ですが目の粗いコームを使うと、全体的に染料を塗布ることができます。

 

具体的なブロッキングの手順

 

染め始める順番ですが、染まりにくい所から始めましょう。

まずはえり足、後頭部、サイド、頭頂部、前髪、根元です。

リタッチをするときには、根元から始めましょう。

髪は毛先が痛みやすく、すでにダメージがある場合には毛先は最後に染めましょう。

ブロッキングをしておくことで、見えにくい後頭部が綺麗に染めることができます。

ヘアカラー以外にカラーリンスもありますが、この場合はいつもどおりにリンスをするだけなので、ブロッキングなどの手間はありません。

しかし色の持続はヘアカラーが一番長持ちします。

綺麗に染めるためにも、きちんと準備が必要ですね。

 

 

 

 

 

染める時に必要なアイテムについてのまとめ

自分でヘアカラーをすることは、一般的になってきました。

しかし色にムラがでてしまうことや、白髪が綺麗に染まらないなど、慣れるまでは美容院で染めたようには、なかなかうまく出来ないものですよね。

まずはカラーリングするときに、必要になるアイテムをそろえましょう。

染料がついても大丈夫なTシャツ、そして髪を綺麗に染めるためにブロッキングをしますので、そのときに使うヘアクリップ3,4個、髪を洗った時のタオル、染料が飛んでもいいように床に新聞紙、染め時間を計る時計です。

当日染料を合わせてから、必要なものがそろっていないと慌ててしまいますよね。

そんな事にならないように、ヘアカラーに必要になるアイテムはあらかじめ全て揃えておきましょう。

商品によっては、仕上げの時に使うトリートメント剤が1回分入っていることもあります。

念の為に、染料を洗い流すシャンプーとリンスも用意しておくと安心ですね。

染料が飛び散ってしまうことを考えてティッシュも用意しておくと便利です。

そして綺麗に染めるためには、染料をつけた後に、ラップで髪を巻くこともポイントです。

そしてどこの部屋でカラーリングをするか、とても重要なポイントになります。

染料で部屋の中を汚さないためにも、洗面所やお風呂場でヘアカラーをすることがオススメです。

最近のヘアカラーはツンとした匂いを減らしたタイプもありますが、室内でカラーリングをすると、染料の匂いで部屋が充満してしまいます。

空気の入れ替えもしながら、快適にカラーリングを楽しみましょう。

 

 

 

 

 

ヘアカラー成分に対するパッチテストの必要性

市販のヘアカラーは各商品ごとに配合されている成分は異なります。

いつも同じヘアカラーを使っているから、といってもその日の体調により皮膚が敏感になっていることがあります。

必ず毎回自分で髪を染める前には、パッチテストをすることがオススメです。

テストは髪を染める48時間前に行います。

ヘアカラーを少量だけ取り出して、パッチテスト用液を作ります。

1液、2液があるときは必ず両方混ぜてください。

テスト用染料を、腕の内側の柔らかい部分に麺棒で塗ります。

その後30分経過したら肌のチェックをしてください。

特に変化がない場合は、そのまま48時間放置します。

テストの結果肌に異常がない場合はヘアカラーをはじめて安心です。

 

髪に異常を感じたらすぐに使用を中止する

 

しかし湿疹や赤みがある場合、もしくは48時間経過していない場合でも、肌に異常がある場合には、すぐに洗い流しましょう。

このような肌の異常がある場合には、特定のヘアカラーだけでなく、市販のヘアカラーが肌に合わないことが考えられます。

時期を変えて又パッチテストをするか、肌に優しい染料を使うなどの対応が必要になります。

ヘアマニキュアや、カラーリンス、ブリーチにはパッチテストは必要ないといわれていますが、敏感肌の人は念のためにテストをすることがオススメです。

女性の場合は特にホルモンの働きにより肌が敏感になることがあります。

生理の前後などは特に注意が必要になりますので、安心して染毛をする時期を選ぶことが大切ですね。

 

 

 

 

 

ヘアカラーの色選びについて、自分に合う色を選ぶコツ

自分で髪を染めるときには、まず市販のヘアカラーを選ぶことから始まります。

パッケージに印刷されている色が、実際の仕上がりの色になるとは限りません。

そのときの髪の色や、ダメージによっても希望した色にはならないことがよくあります。

まずは自分に合う色を選ぶことが必要です。

そのためには、自分の肌と瞳の色をチェックしましょう。

市販のヘアカラーの色で満足できないのは、自分に合わない色を使っている場合があるのです。

肌に赤みがある人はピンク系の色、そして赤みのない肌にはナチュラルやグリーン系が合いますね。

そして瞳も色もチェックすると、人それぞれ個人差があることが分かります。

明るめの瞳には、ヘアカラーも明るめを、そして黒が強い瞳には。

ヘアカラーも暗めの色を選ぶと良いでしょう。

 

ヘアカラーの明るさ、色味について

 

ヘアカラーは明るさと色味で選ぶことが出来ます。

白髪が目立つときには暗めの色を選ぶとカバー力があります。

そして髪質によっても染め上がりは変わります。

髪が太くて硬い場合には、赤みを帯びた色になりやすいために、色味を選ぶときには、ゴールデンブラウンや、グリーン系がオススメです。

それとは対象に、髪が細い場合には、仕上がりが黄色が強くなるために、赤みのあるウォーム系の色味を選ぶと良いでしょう。

髪を染めるときには、染め時間によっても仕上がりの色は異なります。

好きな色を選ぶよりも、自分の肌や髪質に合うヘアカラーを選んだほうが自然に綺麗な仕上がりになりますね。

 

 

 

 

 

ヘアカラーの種類について、それぞれの特徴を生かす工夫

市販のヘアカラーには異なる種類があるために、それぞれの特徴を生かして使うことが大切です。

ヘアカラーには、ヘアダイ、ヘアマニキュア、カラーリンスがあります。

これらの市販の商品を使って自分で髪を染めることは、時間とお金の節約になることがメリットです。

ドラッグストアでも手軽に入手が出来るために、日常的にヘアカラーをする人がとても増えています。

ヘアカラーは、髪を脱色して色をつける作用があります。

白髪をカバーできる白髪染めや、髪の色を変えて楽しめるお洒落染めがあります。

 

ヘアカラーのメリット・デメリット

 

一度ヘアカラーで染めた髪は、色が長持ちすることが特徴です。

しかし成分に含まれている薬品で髪を傷めることがデメリットです。

ヘアマニキュアは、髪の表面に染料を付着させるもので、シャンプーをするたびに染料が落ちていきます。

髪へのダメージはヘアカラーに比べるととても少ないのですが、色の持続が短いことがデメリットになっています。

カラーリンスは、シャンプータイプやリンスタイプなどがあり、毎日でも使えることでとても人気があります。

髪にも栄養分を与えることが出来るために、ヘアカラーに比べると安心して使うことが出来ます。

一般的には白髪染めとして使うものですが、リンスをするたびにどんどん白髪がカバーされていくもので、即効性があるヘアダイとは異なります。

そしてカラーリンスタイプは使用をやめてしまうと、効果がなくなってしまうことがデメリットとなっていますので、継続して使用することが必要です。